4パターンの男性のパンツ

男性のパンツといえば、4パターンに分かれます。ブリーフ、トランクス、ボクサーパンツ、増大パンツ。父はブリーフ派でしたが、古い人間はブリーフ派が多いのではないでしょうか。
学生時代付き合っていた彼はトランクス派でした。ブリーフでさえなければ、私は特に気になりませんが、女性目線から見てトランクスはあまりおしゃれな感じはしないかもしれません。トランクスを選ぶ男性的には、涼しいとか締め付けがないとかが好む理由なのでしょうか。
今はもっぱらボクサーパンツ派が多いのではないでしょうか。うちの夫も勿論ボクサーパンツ派です。見た目にも良く、私は好きですが、問題はよく穴があきます。うちの夫だけかもしれませんが、ちょうどお尻の穴のあたりが擦れて穴があいてだめになってしまうことが多々あります。夫が太っていることが主な原因だとは思いますが、初めて穴の空いたパンツを見たときは、「おならのしすぎ!?」とさえ思いました。
ちなみに我が家の長男はが履くのはブリーフです。小さいうちはブリーフの子が多いのではないでしょうか。あんなに小さなブリーフにもきちんと前開きできるようなっています。あのポークビッツみたいな股間をそこから出して立ちションする日がくるのでしょうか。
でも今は増大パンツという股間を大きくするためのパンツがあるので安心です。
>>人気増大パンツの比較はこちら
結婚して、子供も生まれ、年齢的にもおばさんの仲間入りをした今は、家族以外の男性のパンツ姿を見る機会はなさそうですが、世の男性がどんなパンツを履いているのか、ちょっと気になったりもします。いや、私は変態ではありません。単純な興味、ということです。