血を吸う風

妻の笑顔をもう愛らしいとは感じなかったそして 出張に行くと偽って家を空けた外出先のホテルで宝石を取り出すこの宝石を覗いたら自分はどれくらい傷つくのだろうかまぁそんなことを考えても仕方ないか僕は意を決して宝石を除いた。
そのあまりにも虚しい結果に僕は乾いた笑いを漏らしたそうか僕が馬鹿だった何度その宝石を覗いてみても見えるのは暗闇だけだった。
ヴァンパイアのため息春日世界中でおかしな気象現象が観測されたそれは気象現象としては課税なのだがある得意な特徴を持つその風が吹き抜けた場所にいた人間はもれなく貧血症状を訴えたという。
突然突風のような強い風が吹きその後を多くの人々は意識を失いかろうじて無事だった人間も貧血状態でまともに立てない状態であったと言う。