若者の持つ就職観について

最近の若者は、どんな就職観を持っているのでしょう。就職観として若者が持つものは、楽しく仕事をしたいという傾向があると言われています。趣味と仕事と、どちらも大事にしたいという就職観を持つ若い人も、多いと言われています。社会に貢献したいという就職観を持つ人も前年比で増加しており、働くことに社会的な意義を見出す人も多くなっています。安定志向が強くなっており、やりたい仕事は二の次という人は増えているようですが、おおよそのところでは、若者の就職観は大きな変化は現れていないと言われています。今の仕事が自分の希望の仕事ではないという人も多く、就職が難しい時代の中で決断を迫られていたことがわかります。希望していた仕事に就くことの出来なかった環境下で、どのような就職観を持って働いていくべきか、若者一人一人の考えが問われています。精神面でも、就職観と現実の仕事がちぐはぐだと、仕事がやりづらくなるでしょう。業種や職種以外でも、プライベートの時間と仕事との関係性をどう考えるかも、就職観の中にまとめておくことが大事です。就職観とミスマッチな働き方をしていると、環境との間にあつれきが生じたり、精神的にうっくつする原因になったりもします。若者が働き続けるためには、自分の未来像をどう位置づけるかを就職観と絡めて考えることです。今就職活動をしている人は、自分の就職観は何かをはっきりさせてた上で、希望の会社を探すといいでしよう。