持ち主を探してみる話

街中などで置いてけぼりの話題を見つけると私はそれを持って帰るそして私はそれを話題蒸し返し気にかけるのだするとそれまで実態のないぼんやりしたものだったそれが白いふわふわしたものになる私はそれをカタカナで話題と呼んで
いる無視か意識によって復元された話題を連れて私は街を歩く話題の持ち主を探して返してやるのだ自分を置いた主を見つけると話題は嬉しそうにその主の元へ走っていく話題が持ち主の元に戻ると持ち主はふと思い出したその話題につい
て話し始めるのだだからかわいそうなことに持ち主が見つからない話題もいる持ち主が見つからなかった話題は次第にその姿が透明になり消えていきそうになるそして時間が経つと完全に消えてしまい私にも見えなくなってしまうのだがそれ
で話題が消えたわけではない